サブスクリプションとは何⁉おすすめの定額音楽サービス5選紹介!!

生活

今話題のサブスクリプション。あなたも一度は耳にしたことがあり、気になっているワードの1つですよね。

私も最近耳にすることが多くなり、気になってすぐに調べてみました!すると、本当にたくさんのあなたもよく知る企業でもサブスクリプションが行われており、知れば知るほど便利で利用価値の高いものだったのです。

サブスクリプションとは、「料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができる」形式のビジネスモデルのことです。英語では「予約購読」や「定期購読」という意味を持つ言葉です。

今回は、サブスクリプションとは何か分からない人でも大丈夫!どのサイトよりも分かりやすく解説します。

サブスクリプションとは何かを知り、あなたの生活に取り入れるだけで今よりもっと充実した毎日が送れるようになりますよ♪

 

サブスクリプションとは何⁉

よく耳にするサブスクリプション。なんとなく意味は分かっているけれど、合っているのかな?と疑問に思っているあなたにわかりやすく解説します。

サブスクリプションは定額サービス

サブスクリプション(subscription)とは、直訳すると「購入予約」「会費」「寄付金」という意味ですが、近年では「料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができる」形式のビジネスモデルのことを指します。

スマートフォンの月額通信料
・定額制動画サービス
・スポーツクラブの会費
・食材の定期宅配サービス
・健康食品の定期購入サービス
・雑誌の定期購読
・化粧品の定期購入サービス

もともとは予約購読や定期購読のことを指し、日本でも新聞や定期購読の雑誌などが以前より馴染みのあるサブスクリプションです。

定期購読などの言葉は以前よりありましたがサブスクリプションという言葉は最近聞くようになった言葉。ここまで広く知られるようになったきっかけは、おもに動画配信サービスや音楽配信サービス。

特に、「Apple Music」や「Spotify」、「Amazonプライム」、「Netflix」などが有名で、あなたも利用したことのあるサービスではないでしょうか。

サブスクリプションと買い取り方式の違い

サブスクリプションの反対の意味を持つ言葉は、買い取り方式です。

IT業界では、サブスクリプション(定額課金)が普及するまでは、ソフトウエアは買い取り方式が一般的でした。

買い取り方式とは、ソフトウエアの利用権であるライセンスを購入すれば、購入したソフトウエアを永久的に使い続けることができるというもの。

買い取り方式は1度購入すれば永久的に使用可能なため、その後かかる費用はなくお得に感じます。しかし、ソフトウエアがバージョンアップされるたびに新たにソフトウエアを購入する必要が出てくるのです。

そのため、高額で永久的に使用可能なライセンスの買い取り方式がいいのか、それとも毎月一定額の支払いで利用可能なサブスクリプションがいいのかは一長一短があります。

 

サブスクリプションとは音楽の定額がおすすめ

サブスクリプションのサービスは多岐にわたります。あなたの生活を支える食から、家庭に彩を添える花、そして日常的に聴く音楽など趣味の分野にまで広がりを見せるサブスクリプション。

その中でも今回は、サブスクリプションを使い定額で楽しむことの出来る「音楽」についてご紹介していきます。

2015年頃からApple Music、LINE MUSIC、Google Play Musicなど定額制音楽配信サービスの参入が相次ぎ、2016年9月にはスウェーデンの「Spotify」が日本上陸したことでも話題になりました。

そして2018年には「YouTube Music」も参入し音楽のサブスクリプションがより活発化。音楽配信のメインストリームは、iTunesに代表されるダウンロード型から定額聴き放題(サブスクリプション)へと移行しており、楽しみ方も変化してきています。

日常生活の中で音楽をよく聴く人や、好きなアーティストが決まっているあなたなら、定額制の音楽配信サービスを検討したほうが今よりもお得で、より幅広い音楽を楽しめるケースも多くなっています。

 

音楽配信を比較してみた

音楽配信のサブスクリプションと一言に言っても、サービスは様々。料金体系から、聴くことの出来る楽曲数も異なります。まずは人気の高いおすすめの音楽配信サービスを比較して、見ていきましょう。

サービス 月額料金(税込み) 楽曲数 特徴
Amazon Music Unlimited 980円 7000万曲以上 プライム会員は年額プランでお得に
Apple Music 980円 7000万曲以上 iPhoneはじめAppleデバイスとの相性は抜群
Spotify 980円 5000万曲以上 無料で全曲フル再生が可能
LINE MUSIC 980円 7100万曲以上 着うたやBGMなど豊富なLINEとの連携機能
YouTube Music 1280円/980円 非公開 膨大な楽曲数、ミュージックビデオも充実

まずは無料で試してみよう

多くのサービスの中から、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。そんなあなたは、1カ月以上の無料お試し期間で比べるのがおすすめ。

あなたの聴きたい音楽があるのか、使いやすさはどうなのかなどをトライアル体験することで比べるられるため、その後の失敗が少なくてすみます。それぞれのサービスを利用する上で特に重視したい点は「コンテンツ」「料金」「機能面」です。

1.コンテンツ(楽曲・アーティスト)

楽曲数が多ければ多いほどいいのでは!?と思いがちですが、楽曲が多いからといってあなた好みの音楽が必ずあるとは言えません。ですので、お目当てのアーティストや好きなジャンルの楽曲があるのかを見極めましょう!

2.利用料金

利用料金は上記の表を見ても分かるように、月額1000円程度が目安となってきます。一日に換算すると約30円。お試し期間に使用してみて、この値段を払うだけの価値があるのか確認していきましょう!

そして、よりお得に利用できるファミリープランや学割プランなどが設定されているサービスもありますので合わせてチェックしておきたいですね。

3.機能

実際毎日のように使っていくうえで気になるのが機能面。スマートフォンからだけでなく、PCからも使えるのか、ダウンロード機能(オフライン再生)やレコメンドの使い勝手はどうかなどもそれぞれのサービスによって異なってきます。

あなたに合った使い勝手の良いサービスを見つけましょう。

 

サブスクリプションで定額音楽おすすめ5選

先程ご紹介した料金比較表の5つのサービスをより詳しくご紹介していきます。この中にあなたに合ったサービスがきっと見つかるはず。

 

1.Amazon Music Unlimited

Amazon Musicは、 Amazon.comが運営する定額制の音楽ストリーミングサービス。メジャーレーベルから独立レーベルの楽曲まで、幅広い楽曲を提供しています。

Amazon Musicを聴くためには、スマートフォンやタブレットにAmazon Music専用アプリをインストールします。パソコンからはパソコン専用アプリをインストールするか、ブラウザから聴くことができます。

テレビに挿すと視聴環境を構築できる「Fire TV Stick」を使用することで、テレビで音楽を再生することもできるのも魅力の一つ。

さらにスマートフォンやタブレットをスピーカーにつないで音量を上げたり、車につないで車内で音楽を楽しむことも可能です。

Amazon Musicは、こんな人におすすめです。

  • Amazon プライム会員
  • 音楽を無料で気軽に楽しみたい人
  • 楽曲数の多さで選びたい人
  • 高音質を求める人

Amazon Musicの特徴のひとつは、 Amazon プライム会員であれば無料で200万曲の音楽が聴き放題になるプランがあること。

あなたがAmazon プライム会員なら、絶対にAmazon Musicを試してみてほしいです。無料で200万曲が聞き放題になるので、気軽に始めることが出来ますよ。

また他の音楽アプリとは違い、「楽曲数の多さで選びたい人向けのプラン」「高音質を求める方向けのプラン」など、自分に合うプランを選択することができるようになっているので、無料で試してからあなたに合ったプランを探してみるのもいいかもしれません。

 

2.Apple Music

Apple Musicとは、Appleが提供している定額制音楽ストリーミングサービスです。

スマートフォン、PC、タブレット等を使用して、インターネット経由で音楽を楽しむことができ、7000万曲以上を提供しています。

もともと所有していたiTunesの楽曲とApple Musicの管理がiCloud上で一括管理できるのも魅力。音楽以外にも、ミュージックビデオや独自の番組を視聴可能。

Apple Musicでは登録してから最初の3ヶ月間は無料でお試しができる無料トライアル期間があるので、あなたの好みの音楽があるかを試すことが出来るのが特徴です。

無料期間後でもお得に聴きたい方は、学割や家族みんなでシェアできるファミリープランなど様々なお得なプランがApple Musicにはありますので、該当する項目があるかチェックしましょう!

よく会員に入ってしまったからもう解約する時に料金が発生しまうのではと心配になりますが、大丈夫です!無料トライアル期間内のみのご利用も可能ですし、トライアル期間内であれば無料で解約もできます。

しかし、無料期間が終わると、自動で契約が更新され毎月980円(個人プランの場合)が決済されることになります。

ですので、トライアルのみ利用したいときは、3ヶ月以内に忘れずに解約しましょう。そして、トライアル期間中に解約した場合は、解約直後に利用できなくなることがあるので注意しましょう。

 

3.Spotify

スマートフォン、タブレット、PC、ゲーム機などを使って、インターネット経由で音楽を聴くことができるストリーミングサービス。配信楽曲数はなんと、5000万曲以上!

Spotifyには「Spotify Premium」と呼ばれる有料プランと「Spotify Free」と呼ばれる無料プランがありますが、無料プランでも聴ける曲に制限はないんです!

サービスに登録してアプリをインストールするだけで、5000万曲以上が聴き放題。

Spotifyは5000万曲もあるので、「たくさんありすぎて曲が選べない」そう心配になるあなたに、とっておきのサービスがあります。それは、「プレイリスト」。

Spotifyには世界中の人が作った「プレイリスト」があり、それぞれのテーマに合わせて曲がまとめられているんです。

アーティストごとのリストはもちろん、「ドライブで聴きたい曲」、「お風呂の中で聴きたい曲」、「ランニング中に聴きたい曲」など、様々なシーンに合わせたリストもありますので、そのときの気分で簡単に曲を選ぶことも可能!

SpotifyはWi-Fiや携帯電話回線を経由して楽曲をApple Watch上で再生する事が出来る為、ランニングなどの運動しているときでも、iPhoneを持たずにBluetooth対応のデバイスで楽しむことも出来ちゃいます。

さらに、SpotifyにはAI(人工知能)によって、ユーザーの曲の好みを学習する機能があり、毎日音楽を聴いているうちにAIが好みの傾向をつかみ、その傾向にあった曲を自動的におすすめしてくれるようになります。

すごい機能ですよね!?

premium free
料金 980円/月 無料
再生方法 好きな曲を再生できる
順番通りの再生も可能
シャッフルプレイのみ
音声広告 なし あり
音質 最高音質が選択可能 高音質までしか選べない
オフライン再生 可能 不可

 

4.LINE MUSIC

LINE MUSICとは、LINEが提供する定額制音楽ストリーミングサービス。配信楽曲数が約7,400万曲と多いのが魅力です。

プレイリストの作成やミュージックビデオの視聴も楽しめ、LINE MUSICで提供されている楽曲を、LINEと連携させられるのも特徴。

お気に入りの曲を着信音や通知音に設定し、あなた好みにカスタマイズできちゃいます。

プレミアム フリー
料金 980円(税込)/月 無料
楽曲数 約7,400万曲 約7,400万曲
再生時間 フル再生 開始30秒のみ
オフライン再生 可能 不可
音質変更 可能 不可
BGM、着信音など 可能 可能

LINE MUSICには有料の「プレミアムプラン」と、無料の「フリープラン」があります。

LINE MUSICのフル機能を使えるプレミアムプランの料金は、月額980円(税込)(学割なら月額480円)です。また初回登録時は3ヶ月間無料で利用可能で、期間内に解約すれば料金は発生しません。

トークBGMや着信音、呼び出し音に設定できるので、LINEとの連携には適しています。

 

5.YouTube Music

YouTube Musicとは、YouTubeで投稿されている動画コンテンツのうち、「音楽コンテンツ」に特化して作られた音楽ストリーミングサービス。

YouTube Musicの強みは、3つあります。

  1. コンテンツの充実
  2. 高い検索機能
  3. 高いレコメンド精度

YouTubeには、さまざまなアーティストによるパフォーマンス映像やMVが投稿されており、このような動画の音声を切り出したものです。

ですので、多くのコンテンツの中から、お気に入りの音楽を選んで聴けるのが特徴。

そして、YouTube Musicでは、たとえ詳しい情報がわからない曲であっても、断片的な情報や一部の歌詞さえわかっていれば「検索」機能で簡単に曲を探すことが出来るのです。

CMで流れて頭を離れない曲、街で聴いた気になる曲など断片的には分かるけれどアーティスト名や曲のタイトルが分からない何てことよくありますよね。

この機能を使えばあなたの悩みもスッキリ解決することが出来ちゃうんです!

多くの音楽ストリーミングサービスでは、曲を検索する際に曲名やアーティスト名、アルバム名などを検索する際に入力する必要がありますが、YouTube Musicの検索機能は精度が高いので少しの情報から検索可能。

他にも、音楽ストリーミングサービスにおいて、新しい音楽に出会える「レコメンド」の機能は重要ですよね。

YouTube Musicでは、アプリ内に限らずユーザーが「YouTube」全体で高く評価した動画や、よく再生されている動画に関連したレコメンドを行うことができるため、より精度の高いレコメンドがされることになります。

有料版のYouTube Musicプレミアムでは、無料版のYouTube Musicよりも多くの機能を利用できます。YouTube Musicプレミアムの利用料金は月額980円(税込)。

無料のYouTube Musicと有料のYouTube Musicプレミアムの大きな機能面での違いは3つ。

  1. 広告の有無
  2. バックグラウンド再生
  3. オフライン再生

もっとも大きな違いは広告の有無。YouTube Musicプレミアムでは、曲と曲の間に広告が入ることがなく、スムーズに曲が移り変わるため、音楽の世界観に浸り続けることが可能です。

SNSを見ているときや他のアプリを開いている時にも音楽を聴き続けたいですよね。

YouTube Musicプレミアムは、バックグラウンド再生が可能なため、スマホでYouTube Musicとは別のアプリを開いていても音楽を聴くことが可能。

スマホをスリープモードにしても音楽再生ができるため、バッテリーに優しい所もポイントです。

そして、YouTube Musicプレミアムでは、曲を一時的にダウンロードすることでオフライン環境でも好きな音楽を再生することができます。一時的なダウンロード期間は30日間です。

例えば、曲を事前にダウンロードしておけば、インターネットが使えない環境でも音楽を聴くことが可能。

また、スマホの通信制限がかかりそうになったときは、Wi-Fi環境で曲をダウンロードして移動中はオフライン再生をすることでデータの節約に繋がります。

ご紹介したどの音楽ストリーミングサービスも無料で試すことが出来るため、あなたに合ったアプリを選んでみましょう!

 

まとめ

  • サブスクリプションとは、「料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができる」形式のビジネスモデル
  • 携帯の月額料金や、雑誌の定期購読などもサブスクリプションの1つ
  • サブスクリプションの反対の意味を持つ言葉は、買い取り方式
  • 音楽サービスはサブスクリプションがおすすめ
  • おすすめの音楽サブスクリプションサービスとは、Amazon Music UnlimitedApple・Apple Music・Spotify・LINE MUSIC・YouTube Music
  • それぞれ無料で試すことが可能なのであなたに合ったものを選べる

サブスクリプションとは、最近耳にする事が多くなった印象だけれど、昔からあった新聞の定期購読などもそのサービスに当てはまります。

耳馴染みのない言葉でも、あなたの生活には当たり前のように存在しているものですね!

多くのサブスクリプションの中でも音楽サービスは無料で試すことが出来、気軽に出来るサブスクリプションの一つ。

あなた好みのサービスを見つけてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました